三毛猫ですが何か?

三毛猫(♂)のひとりごと

三毛猫(♂)が何かと書いとります

三毛ネコも「朝シャキーーーーン」と起きたい

そんな風に起きたい!

朝起きて頭はスッキリしない、体はだるいときって有りません?

起きた時点で気分は最悪。

こんな朝の日は仕事休んでもいいようにならないかなー無理か(笑)

てことでこの本

 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41XgYExsymL.jpg

 

著者の友野なおさんの紹介

著者の友野なおさんは30歳目前にして

「仕事なし・金なし・男なし」&重度のパニック障害でした。

なんかドラマとか漫画の設定みたい。

これに加えて、今の体重より+15㎏、持病のアトピーは悪化、月2で風邪をひく、暴飲暴食の習慣が直らないなどすごい状態(悪い意味で)でした。

 

そんな自分をなんとかしようと睡眠時間を削って問題解決の方法を必死に探していたのだそうです。

けれども一向に何もかもがうまく行く気配もなく、まさにドン底だったときに、著者のお母さんとの会話で睡眠をしっかりととり始めたんです。

 

すると状況が一変。

睡眠をとることによって精神的に充電ができ、さらに上記に書いた症状が次第に改善、体重に至っては15㎏が半年かけて減っていき、現在もリバウンドすることなくキープできているそうです。

 

「魔法がかかったかのよう」と著者も言っているけど、三毛ネコ、何冊も睡眠の本読んできたからわかる。

著者の悩んでいた症状は全部睡眠をとれていなかったから起きていた症状だって。

例えばざっくりだと

 

  •  体重+15㎏、暴飲暴食の習慣

これは睡眠不足による、食欲増進ホルモン「グレリン」の増加、食欲抑制ホルモン「レプチン」の減少が原因

これは睡眠不足による、「免疫力」の低下が原因 

 

 って感じ。

これが睡眠を改善したことによって、元の体の機能が戻っていたんだろうなって読んで思った。

 

友野なおさんは自分が睡眠を改善したことで人生の歯車が噛み合い始めたので睡眠を学び、今の職に就いたそうです。

 

読んでどうだった?

他の睡眠本と同じく睡眠の基礎知識、現代人の睡眠事情(もはや常識。日本人は眠れてないことにも当然触れてます)、睡眠不足が起こす体や精神への影響、睡眠の質を高める様々な方法などなど・・・

睡眠の世界へ入門するのにいい本だと思います。

「深睡眠」の重要性を訴えていることからこの本と似てるなーと思った。

 

rasenkaidan-guruguruto.hatenablog.com

 

読んで個人的に知らなかったり、面白いと思ったのは

  • 「早寝早起き」ではなく、「早起き早寝」が正解
  • 睡眠負債の蓄積は肩こりのように触れて確認することができないから、知らないうちに貯まりある日当然ポキリと折れてしまう
  • 自分の適正睡眠時間を知るには「睡眠日誌」をつける
  • 研究で、同一人物の睡眠を十分とったときと睡眠をとらなかったときの写真を他者に見せたら、睡眠不足時の写真の方が「健康度」「魅力度」が低く、   「疲労度」が高く見られたこと
  • 睡眠不足時、インフルエンザの予防接種をしてもワクチンの有効性が11.5倍も低くなること

ですかね。

睡眠負債は触れて確認できないっていうのが問題ですよね。

なんか睡眠負債がわかるものが体についてたり、体温計みたい測って数値でわかればいいのに

「只今の睡眠負債 60%です。」って(笑)

 

そうすればポキリと折れずにすむのに。

ポキリと折れる=「ウェイクアップ・コール」ですよね。

rasenkaidan-guruguruto.hatenablog.com

「ポキリと折れる」ですぐに頭によぎった。

 

あとこの本を自分の睡眠を見直したい人が最初に選ぶといいかなと思う理由があります。それは・・・巻末付録!

 

巻末特典 4週間で眠りの質がアップする睡眠負債解消プログラム   

         

これがその理由。

実際にモニターの人で実践してもらい、効果があったもの。

プログラムに加え、プログラムに参加したモニターの人の感想と時計型の睡眠記憶デバイスが記録した睡眠の状態が載ってます。

 

自分の睡眠の改善のために何からやろうか決めなくても、まず初めにこのプログラムの通りに4週間やってみて、効果を実感してから他のことを取り入れるのがいいかなーと思って。

 

このプログラムがついているのがこの本の最大の特徴であり、入門する人にオススメする最大の理由です。

 

自分の睡眠を改善したいけど迷ってる人、この本いかがー

 

Amazon

www.amazon.co.jp

 

楽天

books.rakuten.co.jp

 

全然関係ないんだけど・・

 

Kindleでハイライトできない本がこんなに不便だと思わなかった。

確かに商品説明のとこに

 

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

 

って書いてあったんだけどみてなかったー!

睡眠不足で注意力が低下していたのか・・

今度からしっかりみてから買わねば!!

だけど電子書籍ってホントに便利ですよね。

テクノロジーの発展とAmazonさんに感謝だよ。

 

けど紙の本も好きなんですよね。

雑誌とか漫画とか紙で読みたくなる。

あと個人的に新しい本の紙の匂い好きなんですよねー

本の匂いくんくんとすると

「何してんの?(苦笑)」っていつも言われる(笑)

わかる人いないかなー

 

というどうでもいい話で今日はおしまい。

ではまたー