三毛猫ですが何か?

三毛猫(♂)のひとりごと

三毛猫(♂)が何かと書いとります

アニメ 3月のライオン 第38話 川本家の角煮美味そう・・

3lion-anime.com

今週は

Chapter.77 白い嵐⑤

Chapter.78 再始動  でした。

 

 

Chapter.77 白い嵐⑤ あらすじ

なんとかホテルに着き部屋で休んでいると、零君に会長から電話が

きます。

会長はまだ盛岡にいて、台風で新幹線が止まったことを聞いて零君に電話してきたのでした。

心配なのは零君よりもむしろ宗谷名人の方でした。

会長はもちろん宗谷名人の耳が聞こえてないことを知っていました。

 

零君は会長に宗谷名人の耳のことについて色々聞きながら、これまでの宗谷名人に対する記憶を遡っていきます。

 

 

次の日、仙台は昨日までの台風が嘘かのように青空が広がっていました。

零君は昨日の出来事がまるで嘘かのように思えてきました。

本当に自分は宗谷名人と一緒に行動していたのか?

そんな感覚を覚えつつ、帰京し学校に行くも零君の頭の中ではある音が鳴り響いていました。

それは宗谷名人との対局での駒音。

その音だけが鳴り止まず零君は宗谷名人の過去の対局の棋譜を集めるのでした・・

 

Chapter.77 白い嵐⑤ 感想

耳が聞こえなくなって静かでめんどくさくなくていいなんてネコは言えませんね。

誰かと話せないのはやだなー

強ければそれが正当ってプロの世界ならではですよね。

結果を出せば周りは文句言えないし。

 

零君はあかりさんたちと会うまでだったら、こんなに世話をやけるようにはなってなかったかもな。

川本家のみんなに温かさをもらった気がする。

やっぱり宗谷名人も零君がかつて抱えてたような悲しさや寂しさを抱えてるのかなー

どうなんだろ?

 

零君は宗谷名人の将棋の魅力にどっぷりハマってしまいましたね。

特別な対局になったんだろうな。

また零君が宗谷名人と対局するお話は今後あるのかな?

どんなシュチュエーションでとか

なんかのタイトル戦かなとか

もう色々気になる。

 

気になりすぎてヤングアニマル毎号買ってますからね。

単行本が出るのは我慢できません(笑)

Chapter.78 再始動 あらすじ

零君が宗谷名人との対局を忘れられずに毎日を過ごしていると、ある日島田さんと会い二階堂が復帰することを教えられます。

(その頃川本家は豚の角煮と半熟卵で三姉妹が熱狂しています)

 

島田さんが二階堂の復帰戦に顔を出してやってくれないかと言い、零君も二階堂の復帰戦の様子を見に将棋会館にやって来るのでした。

 

零君は二階堂が順位戦、不戦敗で2つ黒星がつき気落ちしているのではないかと思い、心配していました。

 

しかし復帰戦終了後、零君が目の当たりにした二階堂の様子は・・・

 

Chapter.78 再始動 感想

二階堂が復帰しましたね!

零君が二階堂のことを心配してこんなにドギマギしてるの最初の頃を考えると考えられないですよね(笑)

最初の頃めんどくさい人だって思ってたのに。

二階堂の熱量が零君の心を解放させましたね(笑)

この2人は正反対の性格だからこそ相性いいんだろうな。

 

三毛ネコも高校時代の友達で性格が反対だけど一緒にいて楽な友達がいます。

向こうが楽天的で、三毛が色々考えすぎる。

どっちかと言えば向こうが二階堂で、三毛が零君かな。

一見適当なんだけど、いいアドバイスくれるんですよ。

凸凹なんだけど相性が良くてネコは勝手に親友だと思ってます。

ずっと会えてないな・・

試験受かったら会いに行きたいな。

ご飯も食べたいし、遊びに行きたいなー

 

あと川本家の豚の角煮と味付け半熟卵めっちゃうまそう( ´ ▽ ` )

あれは反則だわ(笑)

見たら食べたくなってきた・・

 

あとオリンピックで1ヶ月ほど放送がありませんね(涙)

次回からはとうとう棋匠戦!

島田さんと柳原棋匠の対局好きなんだよなー

楽しみだ。

 

今日はこの辺で

ではまたー

 

今週のお話は↓