三毛猫ですが何か?

三毛猫(♂)のひとりごと

「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」19巻 マンガレビュー 平穏な日常の中に新たなロングシリーズへの火種が燻る

いつもの日常が戻ってきた感じの藤たち。

カナ、西川係長との別れ・・・桜が待望の復帰、環境の変化が多かったここ最近。

前巻はこちらからどうぞ

www.3mike3.com

そんな日常の中にも次の火種すでに発生。

ロングシリーズ「伊勢崎警部補の胸襟」へと続く19巻。

本日のマンガはこちら

「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」19巻

笑いからシリアスまでなんでもござれ。

19巻は笑いの要素が多め。

ハコヅメのコメディ部分好きな人は必見。

 

虎松の獄中死からロングシリーズ突入の入り口となる19巻

今作も安定のハコヅメクオリティ

・山賊たちの酒盛りアゲイン

・藤と川合が県警パンフのモデルに!?

・源ママと川合のスナック「ハコヅメ」開店

などなど笑える話が満載。

そして巻の終盤にかけ、ロングシリーズ

「伊勢崎警部補の胸襟」へ一歩ずつ脚を踏み入れていく。

ここからは三毛の好きだっった話を3つ紹介

 

藤と山田の関係の展開が気になる

19巻で気になったのは藤と山田の関係性

先輩・後輩とは何か違う気が・・・

警察学校時代の思い出話、

ペア同士4人で動物園へ行った帰りの車内、藤の笑顔の写真をみての山田の感じ。

・・・うーん、気になる。

リスペクトとしての好き?女性としての好きか?

藤-山田ラインで今後発展はあるのか期待。

そして色恋沙汰と言えば、川合と如月ね。

もう早く爆発しないかなと毎回思う(笑)

 

プリン体の恐怖

みんな大嫌い術科訓練。

ここで男どもが珍しくカッコよさを全開

f:id:rasenkaidan-guruguru:20211125180845j:plain

出典「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」19巻より

しかし悲劇は突然に

f:id:rasenkaidan-guruguru:20211125180916j:plain

出典「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」19巻より

無事だったの何人よ(笑)

藤は予見していたかのようなリアクション。

全く動じず。

訓練のせいで実務に悪影響が。

珍しく川合の発言が的を得る。

痛風なった事ないけど話聞くと悲惨ですよね。

膝に水と痛風は話聞いててただ恐怖。

年齢的にはもうおっさんだからな。

気をつけんと、やはり健康大事。

体壊すと幸福度の下がり方がエゲツない。

あの如月さえも痛風とは・・・

横井係長のツッコミが自分のツボでした。

あと桜の「麻依ちゃん めっ!」がかわえぇ。

 

この寸劇がすごい2021

「その162 すれ違い寸劇」

このすれ違い系の話が大好物のわたし。

スレ違い方が絶妙な塩梅。

振り込め詐欺の話をする人たち:藤、如月

交通安全の話をする人たち:源、山田

代役で時間もなく、台本を見れない源・山田

藤が「察して演じろ」と言った結果がこれ。

f:id:rasenkaidan-guruguru:20211125180947j:plain

出典「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」19巻より

今回は2人に非はないかな(笑)

前提が違い、噛み合わないはず。

だが少しの違和感しか感じずに進めていく作者の構成力がすごい。

加えてこれをさらに面白くするのは観覧のご婦人「宮沢さん」の考察。

「スレ違い」系エピソードはハコヅメの魅力の1つ、めっちゃ好き。

笑い、癒し、シリアス、感動、全てが揃うそれがハコヅメクオリティっ!!

19巻も大変堪能させて頂きました。

 

ロングシリーズ「伊賀崎警部補の胸襟」へ

そして舞台はロングシリーズへ突入。

「その167 思惑渦巻く戦慄飲み会」

では凄腕警察官たちの探り合いが始まる・・・

何やら伊賀崎がある事件に関与の可能性が!?

さらにあの男も

f:id:rasenkaidan-guruguru:20211125181049j:plain

出典「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」19巻より

最終ページ、衝撃の20巻予告

地べたに這いつくばり、何者かの足で押さえられる川合。その顔には生気がない。

ロングシリーズ「伊賀崎警部補の胸襟」は20巻でぜひ。

気になる方は書店へorポチッとな。

本日の紹介したオススメはこちら

「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」19巻

過去記事もよろしければどうぞ

www.3mike3.com