三毛猫ですが何か?

三毛猫(♂)のひとりごと

三毛猫(♂)が何かと書いとります

第87話「秀知院は体育祭」こっちが巨乳の遺伝子のくだりよ(笑)

第87話「秀知院は体育祭」

このお話は1Pごとにテーマがあってそれに沿って話が進む。

テーマは体育祭に沿ったもの。

で、1Pで完結する感じ。

4コマ漫画みたいな。

この話の進み方も好き。

そして、おもしろい話が進みこのまま笑いで終わるのかと思いきやラストにまさかの・・・

f:id:rasenkaidan-guruguru:20190615092234j:plain

振り返った先には・・・

今回は三毛的にツボった話をピックアップっ!!

 

「痴話」

早坂が何やら怪しげな電話を。

f:id:rasenkaidan-guruguru:20190615092422j:plain

え・・・まさか・・

お、男ですか(泣)?

かぐや様も「早坂に彼氏が!?」

なんて思っていたら

f:id:rasenkaidan-guruguru:20190615092558j:plain

ママかーい

ホッ(笑)

ママでした。

そう早坂、マザコンです。

ママ大好き。

早坂のキャラで意外ですよね。

家族との関係もドライな感じかと思いきや。

ギャップがっ!!

まあ好きだったらどんなギャップでも良く見えるもんよ(笑)

早坂ママは三者面談のお話で登場。

三毛は早坂ママ好きです。

おもしろい(笑)

そして御行パパと早坂ママのコンビは最高っ!!

「進化系」

藤原の胸がさらに進化したことに気づくかぐや。

体操着だとあからさまにわかりますからね。

藤原父、体操着でヘソ出しするのやめろと藤原書記に注意。

そこに現れたのは・・

f:id:rasenkaidan-guruguru:20190615093132j:plain

露出多っ!!

藤原姉登場っ!!

前にスプラッター映画貸してくれた姉ちゃん。

 

www.3mike3.com

 これこれ。

三姉妹揃って巨乳かよ。

すげーな。

そして藤原書記とちがい露出が多い。

f:id:rasenkaidan-guruguru:20190615093505j:plain

なるほどね

だからヘソだしはNGなのね。

かぐやと藤原父、意見の合致(笑)

「遺伝子」

姉の登場に続き、今度は藤原母も登場。

この巨乳三姉妹の元凶か!!とかぐや。

f:id:rasenkaidan-guruguru:20190615093750j:plain

ストーンっ!!

あれ?

かぐや様と同じ部類のサイズじゃないっ!!

てことは・・・

f:id:rasenkaidan-guruguru:20190615093900j:plain

おまえかっ!!

この話、めっちゃ好き(笑)

かぐやが胸の大きさに振り回される感じ。

そして極めつけは藤原父に巨乳の遺伝子がっ!?てとこ。

そうとも限らないけどね。

隔世遺伝で可能性もあるし。

もしかしたら父親が違う可能性も・・・

なーんてね、てへ。

かぐや様男以上に胸に振り回されてるよな(笑)

 

「照れる」

借り物競争で石上会計を選んだかぐや。

f:id:rasenkaidan-guruguru:20190615094308j:plain

白銀の不安そうな顔

まさかかぐやと石上が・・・と不安がっていると

f:id:rasenkaidan-guruguru:20190615094408j:plain

優くん・・・

借り物は「後輩」

なんで照れてるのかって?

そうだよ、こういう経験がなかったからだよ。

嬉しかったの!!

優くん、めっちゃピュアやん(笑)

そしてなんか悪くないのに謝る白銀。

まあ気持ちはわかる(笑)

最後にやってくるものは・・

今回は石上にとって今までで1番楽しい体育祭に。

無理して応援団に入ってよかった。

前向きな気持ちを持ち始めて優くんの前に現われたのは

f:id:rasenkaidan-guruguru:20190615095029j:plain

石上の過去が明らかに

石上が中等部時代、問題を起こし不登校となるきっかけの事件に関わる女子生徒が。

次回、石上の中等部時代が明らかにっ!!

いやー、おもしろい感じで終わるのかと思いきや最後にちょーシリアスな展開。

落差がっ!!

次回は優くんの過去が明らかに。

そしてここから先の何話かは感動するのよ。

毎回涙腺がやべー

白銀と石上の関係性がね、ホントいい。

今日はこんな感じ。

ではまたー

この記事の引用・画像は

『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』

著者:赤坂アカ

第9巻 第87話「秀知院は体育祭」

より出典しています。