三毛猫ですが何か?

三毛猫(♂)のひとりごと

「未熟なふたりでございますが」8巻「黙れ。〇〇〇〇○夫」最後のページいい

どーも三毛猫です。

本日はこちら

目次・8巻内容

目次

第61話 見守る妻

第62話 平坦じゃない道

第63話 同窓会

第64話 癒やしデート

第65話 新居での変化

第66話 告白の返事

第67話 コスプレバトル

第68話 友達の恋人

8巻内容

前回引越し直後に収入源が0となった育馬。

上原の会社で臨時で働くことに。

さあどうなる佐伯家。

三毛チョイスはこれ

「第63話 同窓会」

「第65話 新居での変化」

 

「第63話 同窓会」

澄花が高校の同窓会へ。

環も一緒。

そんな中、隣のクラスだった

「松本」という女性が澄花の元へ。

だが澄花、記憶がない。

そして澄花が恩師だと慕う先生の元へ

環と挨拶に向かう。

3人の会話の中で澄花が結婚してることを

耳にした先ほど登場の松本。

この女、だいぶめんどくさい。

環を気遣い、下手に出る澄花に

マウントを取り始めるが

そのとき環の何かがブチギレる音が・・・

って話。

いやー、環さんのブチギレいいね。

スッキリするわー

読んでて気持ちがいい!!

こういうやついるよね。

だが松本、意外と憎めないところも。

それはまた後のお話で。

澄花と環の関係性いいわー

環が澄花のこと大事に思っているのが

すごく伝わるし、

澄花の環のことを思っての選択もいい。

こういう友人関係って大事。

そう、「愛」だね。

うん「愛」だよ。

こんな風に思い思われるのは素敵。

f:id:rasenkaidan-guruguru:20210314171952j:plain

出典:「未熟なふたりでございますが」8巻より

 

第67話 コスプレバトル

松本、再登場!!

本日は澄花の家へ来襲。

同窓会のときのお詫びと称し。

だが環がそれを聞き監視役として澄花宅に。

f:id:rasenkaidan-guruguru:20210314171925j:plain

出典:「未熟なふたりでございますが」8巻より

3人で話をしてるうちに

松本の夫婦という関係にあぐらをかくと

夫に飽きられるという発言に反応する

既婚者2名。

そこから夫を喜ばせるためのの

コスプレ対決が始まるって話。

澄花のコスプレショー開演。

育馬が素直すぎて男から見ても

かわいいと思う(笑)

そりゃ澄花のナースコス写真

送られてきたらね、そうなる。

お嬢様たちによるコスプレ対決

ガチ感が半端ねぇ・・・

そしてちゃっかり松本と環もコスしてる。

澄花コレクションin佐伯家、

三毛的にはアオザイ推しです。

そしてこれをきっかけに

環と松本が仲良くなるという

副産物が生まれる(笑)

たまにあるんだよな。

学生時代、全然接点なかったり

苦手だなーと思ってたけど

大人になってから話すと

すごく気が合う人。

なんで学生時代避けてたのか不思議。

三毛も何人かいる。

大人になってから仲良くなれると

ちょっと嬉しい。

アオザイ推しだけど澄花コレクション

どれもええわー

f:id:rasenkaidan-guruguru:20210314171836j:plain

出典:「未熟なふたりでございますが」8巻より

 

あとがき

他のお話ももちろんよき。

「第61話 見守る妻」

では上原が社長を務める会社に

臨時で働くことになった育馬。

久しぶりの会社員生活の育馬を

心配する澄花と澄花を安心させるため

に早く新規顧客をGETするために

頑張る育馬。

ビミョーにすれ違いが。

そんな中、澄花と姑・薫子の会話がいい。

育馬の過去も少し描かれ、

それを踏まえてみると

澄花と育馬がほんといい関係だとわかる。

薫子さんの横顔がなんとも言えん。

嫁、姑でふたりで買い物とか仲良すぎだろ。

f:id:rasenkaidan-guruguru:20210314172807j:plain

出典:「未熟なふたりでございますが」8巻より

 

「第68話 友達の恋人」

では、チャラ男上原に彼女が!?

育馬も信じられない様子。

上原が勘当された理由がまたひどい。

まあ期待を裏切らない(笑)

紹介された上原の彼女、

金目当て?天然?疑う育馬だったが

生田さん、フツーにいい人。

f:id:rasenkaidan-guruguru:20210314173242j:plain

出典:「未熟なふたりでございますが」8巻より

育馬、生田さんのことを心配に。

上原のようなクズのせいで

傷つく素敵な女性が また一人増えると。

澄花の前で生田さんを褒めちぎる。

あれ・・・なんか嫌な予感。

f:id:rasenkaidan-guruguru:20210314173529j:plain

出典:「未熟なふたりでございますが」8巻より

やっちまったなー!!

案の定、澄花氏ヤキモチからブチる。

また喧嘩というなのイチャつきが始まる。

そしてその頃上原は上原で問題が発生・・・

って感じで8巻終了。

他の女性褒めると嫉妬する澄花。

かわいすぎか、嫁よ。

まあヤキモチ妬かれる内が花よ。

さあどうなる?佐伯家。

そして自由人上原。

生田さんの提案にどう答える?